あれこれ同好会

談話室-ダベリませんか-

談話室-ダベリませんか-

コミュニティに参加する
管理人:
ユーサンさん[1201]
副管理人:
プアンさん[1217]
カテゴリー:
その他
参加者数:
24人

トピック作成権限

メンバーなら誰でも作れる

閲覧権限

公開

設立日

2011-11-01 15:05:26



政府はまたしてもこっそりと・・・

作成者

ユーサンさん ユーサンさん[1201] 2012-06-22 17:49:55

ひとこと数:5  

ページ:[1] 全部見る

佐藤敏夫さん[1589] | 2012-06-23 00:57:14

本日、某大手総合電機メーカーがリトアニアの原発建設を受注しました。また、別の某大手総合電機メーカーはアメリカの原発メーカーを買収し、事業分野の拡大を目指しています。
これらの企業は新興家電メーカーとは異なり、鉱山開発で用いるモーターを作る時代から重要な位置づけをもっています。
そしてアメリカと日本が連携して原発を世界中に広げようとしているのはなぜか?
その点を考える必要があるのではないでしょうか。

のび太さん[1698] | 2012-06-23 07:28:03

御承知のように青森県は、原子力船「むつ」問題や六ヶ所原燃サイクル施設・東通や大間原発問題等で注目されてきましたが、電力関係者ではないものゝ長く此の問題に関与してました。
我国は唯一の被爆国であり、原子力問題には敏感な国民感情があるとは承知の上で、「平和利用」という観点から原燃モニタ-となり、数年間、原燃講座で学ばせて貰いました・・・・・今でも平和利用の必要性は否定をしませんが、福島問題を考えるときに「危機管理対策」を疎かにし安全神話を導いてきた官民の在り方が、あの結果を招いたと思えてなりません。
そして何よりも必要なのは、正しい情報を公開することであり、安全対策を確立した上で開発を進めるべきと思えるようになりました・・・・・・原発を稼働すれば、高レベル放射性廃棄物の処理問題が残りますが、未だに「最終処分地」は決まってません。
最終処分地や安全対策が確立されてないまゝで、今も本末転倒の開発施策が国と企業によって進められてますが、現実に悪しき結果は国民のツケに回る・・・・・やりきれない思いを感じて居ります。

プアンさん[1217] | 2012-06-23 10:15:45

恐い話です。報道されなかったり、報道されてもその裏を見抜く「深読み」が出来ない私は知らされる度にうろたえるばかりです。
原発問題でいつも悩むのは、「個人としては原発いらない。でも国全体としては?」なのです。原発への嫌悪と不信感はあります。しかし読売新聞に掲載された6月17日の記事に「『原発なくせば』の幻想」、今日の社説欄には「安全保障に資する」の文言明記は、新興国などで原発に期待がたかまる中、日本の原子力技術は核不拡散に貢献できるとして当然だとしています。
もちろん、安全基準やエネルギー政策、確固たる原子力政策が大前提ですが・・・ここまで新聞を読むとまた「原発に絶対安全はないのになぁ」と堂々巡りが始まる情けない自分がいます。

なかきちさん[1196] | 2012-06-24 15:01:57

原子力のこと、増税のこと、是非はさておき、批判は覚悟して信念を持って遂行するというのであれば、コソコソとどさくさ紛れに行う必要はないと思います。
ということは後ろめたい理由が存在するんでしょうね。

ユーサンさん[1201] | 2012-06-24 22:24:57

皆さま、ひとことを有難うございます。

20日に出された原子力基本法の一部改正の記事に関し、その後2,3日は3大新聞社はじめ、TV等のマスコミも話題にしてはいましたが、結局ワーワーとひとしきり騒いだだけ・・・という印象しかないように感じています。

安全基準も確立されないまま大飯原発は再稼動決定、ひょっとすると現在停止中の原発も今後はそれに倣って・・・と言う事にもなりかねないとさえ思います。昨年の計画停電はこういった方向に導くべく練り上げられたある種の“みせしめ”だったのではないかとまで勘ぐってしまいます。

法改正をするならば、ドイツのように脱原発を謳うとか、更には世界に先駆けて原発廃止・即停止を謳うような大英断が欲しかった~。
なのに、一部政治家が熱望して止まない“抑止力としての核武装化”への道も開けるような「安全保障に資する」という曖昧な文言が織り込まれた法改正、今のこの国ではこの状況をどうすることもできないのでしょうか・・・。

ひとことを発言するには、同好会に参加してください。