あれこれ同好会

花の名は?同好会

花の名は?同好会

コミュニティに参加する
管理人:
プアンさん[1217]
副管理人:
ユーサンさん[1201]
カテゴリー:
アウトドア
参加者数:
22人

トピック作成権限

メンバーなら誰でも作れる

閲覧権限

公開

設立日

2011-11-10 14:37:24



自然教育園

作成者

プアンさん プアンさん[1217] 2012-08-31 15:37:14

ひとこと数:2  

ページ:[1] 全部見る

ユーサンさん[1201] | 2012-08-31 17:37:51

こんにちは。
ナンバンギセルという名は、この植物の形から似合っていると思いますが「思い草」という名の由来はどこから来たのでしょうね?
私は実物を目にしたのはこの日が初めてでした。
水生植物エリアで、葦の根元にひっそりとありましたね。
このエリアでアサザを見たかったのですが、この猛暑続きの水涸れ。ひび割れ状態の水底が露出していて植物は気の毒でした〜。

トラノオスズカケという四国や九州でしか生息していないという花に出会えてラッキー!
熱中症には気を付けながらも外に出かけると一つや二つは楽しいことに巡り合うものですね。

プアンさん[1217] | 2012-09-01 08:43:02

ナンバンギセルの「思い草」は万葉集の一首「道のべの尾花が下の思草~」からきているようです。尾花はススキのことですから、葦やススキ、サトウキビなどの根によく寄生するみたいです。
姿がちょっと物思いにふけっている感じがしませんか?
私も実物を見たのは初めてでした。

ひとことを発言するには、同好会に参加してください。