あれこれ同好会

音楽 聴き比べ

音楽 聴き比べ

コミュニティに参加する
管理人:
関雅行さん[1199]
副管理人:
どんぽのばぶさん[1323]
カテゴリー:
音楽鑑賞
参加者数:
12人

トピック作成権限

メンバーなら誰でも作れる

閲覧権限

公開

設立日

2012-01-06 16:42:44



リスト ピアノソナタ ロ短調

作成者

関雅行さん 関雅行さん[1199] 2012-03-26 21:30:38

ひとこと数:2  

ページ:[1] 全部見る

Tsukasa Tawadaさん[1224] | 2012-03-27 22:23:56

楽しいアップありがとうございます。
この曲も名演奏がたくさんありますよね。
この曲は曲中に「動と静」の両方が存在して、ピアノ弾きはその両極を行ったり来たりするその気持ち良さに、ついついハマってしまう曲です。

ホロヴィッツの演奏、特に旧録の強烈な爆音と新録の静寂の響きからは、曲の持つ魔力にハメられてしまった演奏家がうかがえるのではないでしょうか。

実はアルゲリッチは記憶では初めて聴いたのですが、直情的かと思いきや意外に細部までしっかりしているので好感を持ちました。かなり好きです。

ポリーニは、どうちちゃったんでしょう?というぐらい、個人的にはヒドい印象を受けるのですが、何かあったんですかね?

ベルマンは、あの名盤「超絶技巧練習曲」の音楽作りの片鱗を垣間見られ、ベルマンらしい余裕の演奏はやはり好きです。

ブレンデルもブレンデルらしい演奏で、やはり名演と呼ぶにふさわしい演奏だと思います。

ロ短調ソナタの演奏は膨大にありますが、自分が聴いた範囲でのおすすめは、なんと!日本の清水和音です!
ロン=ティボーコンクール優勝後、立て続けに録音した中にこのロ短調ソナタがあるのですが、これが本当に素晴らしいです。静寂の陶酔感と溌剌とした躍動感の幅がとても広く、抜群のテクニック、安定した響き、堂々とした構成感で、完璧なロ短調ソナタを聴かせてくれます。同時録音されたブラームスのヘンデルの主題による変奏曲とフーガも素晴らしい名演です。レコーディングされたピアノの音質はよくないのが残念ですが。

あと、張りつめた空気の中で青白い光を放つ?ようなポゴレリッチとかも名演だったような気がします。

いやぁ久々に自分も大好きなロ短調ソナタ聴かせていただきました。関さんありがとうございます。

関雅行さん[1199] | 2012-03-28 08:29:11

明確な解説と感想 ありがとうございました。

ポリーニ そんなに酷い印象ですか、意外でした。

逆にブレンデルにはリストは向かないという感じがしたのですが。

清水和音、ポゴレリッチは聴いていませんので、探してみます。特にポゴレリッチには触手を伸ばします。

ひとことを発言するには、同好会に参加してください。