< 利用規約 >

第1条 本利用規約の適用範囲

1.本利用規約は、特定非営利活動法人日本ベテランズ倶楽部(以下「当法人」といいます。)が提供するコミュニティサイト「出番!」内で会員に提供するソーシャルメディアサービス(以下「本サービス」といいます)を利用する一切の行為に適用されるものとします。

2.本サービスにおける各サービスまたは機能等の内容について、別途定める規約(以下「個別規約」といいます。)で規定するものがあります。本利用規約と個別規約が異なる場合は、個別規約が優先して適用されるものとします。

第2条 利用規約の変更

当法人は、本利用規約および個別規約を変更することができるものとします。本利用規約および個別規約を変更した場合、本サービスに関する一切の事項は変更後の規約によるものとします。

第3条 会員登録

1.会員とは本利用規約および個別規約を承諾のうえ、所定の手続きに従って会員として入会を申し込み、当法人が入会を承認した利用者のことを言います。

2.会員の登録にあたっては独占的・排他的な使用権を有するメールアドレスを使用し、実名で登録するものとします。

3.会員として登録できるのは20歳以上の方に限るものとします。

4.なりすましや虚偽などの不正登録、および不正アクセスを行うなど、当法人が不適当と認めた会員に対しては、事前の断りなく登録および本サービスの利用を拒否し、あるいは登録を抹消し、併せて以後の再登録を認めない場合があります。また、 当法人はかかる判断の理由または根拠等の開示または説明の義務を負わないものとします。

第4条 入会申し込みの不承諾

当法人は前条に規定する本サービスの会員としての申し込みがあった場合においても、次の各号のいずれかに該当する場合は入会申し込みを承諾しないことがあります。

(1) 本サービスを提供することが技術上著しく困難なとき

(2) 利用申込者が、本サービスに関する料金その他当法人に対して負担する債務(利用規約に規定する利用料金のみならず利用料金以外の債務を含むものとし、以下同様とします。)の支払いを怠り、または怠るおそれがあるとき

(3) 利用申込者が、過去に本サービスに関する利用料金その他当法人に対して負担する債務の支払いを怠ったことがあるとき

(4) 利用申込者が過去に、第16 条(会員資格の停止または失効)により、本サービスの一部または全部の利用資格を停止もしくは失効されたことがあるとき、あるいは、現在同条により、本サービスの一部または全部の利用資格を停止されているとき

(5) 利用申込に際し、事実に反する事項の申告もしくは記載、誤記、または記入漏れがあることが判明したとき

(6) 利用申込者が未成年であったとき

(7) 利用申込者が被保佐人または被補助人のいずれかであり、申込の際に法定代理人、保佐人または補助人の同意が必要であるにもかかわらず、その同意を得ていなかったとき、または利用申込者が成年被後見人であり、成年後見人による代理により申込が行われていなかったとき

(8) 利用申込者が、実在しないことが判明したとき

(9) 利用申込者が、反社会的な活動をする者または反社会的な活動をする団体に所属する者であるとき

(10) 利用申込者が第 12条(禁止事項)に定めるいずれかの禁止事項に該当するおそれがあると認められる相当な事由があるとき

(11)その他当法人が不適当と認めるとき

第5条 変更の届け出

1.会員は、氏名、住所、電話番号、電子メールアドレス等当法人が定める手続きにしたがい、当法人への登録内容に変更があった場合には、速やかに当法人所定の方法により変更内容の届け出をするものとします。

2.前項の届け出を行わなかったことにより、会員または第三者が被った不利益については、当法人は一切その責任を負わないものとします。

第6条 解約等

1.会員が本サービスの利用を解約する場合は、当法人所定の手続きに従い当法人に届け出るものとします。

2.当法人所定の手続きにより解約手続きがあった場合は、当該会員は、本サービスの全ての利用資格を喪失するものとします。

3.本条による解約がなされた場合においても、当該時点において発生している利用料金その他の債務の履行は第17条(利用料金等)に準じてなされるものとします。

4.解約をする会員が有料サービスを利用している場合、当法人は、既に受領した利用料金等を払い戻す義務を一切負わないものとします。

第7条 設備等の費用負担

会員は、本サービスを利用するにあたり、必要な通信機器、ソフトウェア、その他これらに付随して必要となる全ての機器を自己の費用と責任において準備、設置、接続および設定と通信回線接続契約の締結、インターネットサービスへの加入等の一切について、会員が自己の費用と責任において準備するものとします。

第8条 譲渡等の禁止

会員は、会員としての資格、その他利用規約等に基づく権利、義務の全部または一部を第三者に譲渡、売買、名義変更、質権の設定その他の担保に供する等の行為はできないものとします。

第9条 著作権

1. 本サービスを利用して掲載された記事、画像、添付書類またはコメント等(以下「記事等」といいます。)にかかる著作権は、当該記事等を掲載した利用者本人に帰属するものとします。利用者は、対価の請求をすることなく、当法人が本サービスおよび本サービスに附帯するウェブサイトの運営において以下の各号に定める権利を有することを当法人に対して事前に承諾したものとみなします。

(1)記事等の全部または一部が表示される「わたく史」、「ノート」、「作品」、「あれこれ同好会」、「コメント」及び「ひとこと」(以下、「コンテンツ画面」といいます。)において、当法人が選定する任意のコンテンツ(第三者が投稿した記事またはコメントを含む。)を表示する権利

(2)コンテンツ画面において、当法人または第三者の有料または無料の広告または記事を掲載する権利

(3)コンテンツ画面において、当該ページが当法人のサービスにより提供されている旨の表記ならびに当法人サイトへリンクする権利

(4)本サービスの広告・宣伝、利用促進の目的のため、コンテンツ画面または会員向けに発せられるメール媒体もしくは一般またはプレス向け等にリリースする文案等において、記事等の全部または一部を掲載、引用、要約紹介する権利

2. 利用者がその著作権の対象を第三者に譲渡する場合には、当該第三者に対して、本条に定める権利義務または制限事項を承諾させる義務を負うものとします。

3. 当法人は、本規約に違反または抵触する(その可能性のある場合を含む。)利用者に対して事前事後の承諾または説明を要することなく、記事等またはコンテンツ画面の全部または一部を削除することができるものとします。併せて、当法人は、当該利用者の本サービスの全部または一部の利用を制限し、または会員登録を抹消することができるものとします。当法人は、記事等に関して、利用者と他の利用者または第三者の間で生じた著作権または商標権等の知的財産権、名誉、信用、プライバシー等の人格的権、肖像権その他一切の権利の侵害について何ら関知せず何ら責任を負わないものとし、利用者は、自己の費用と責任で円満に解決する義務を負うものとします。

4. 会員は、自己が投稿したコンテンツの全部または一部をいつでも削除することができるものとします。この場合において、当該記事に対するコメント等がある場合は、当該記事等の削除とともにコメントも同時に削除される場合があることに予め同意したものとみなします。会員は、他の会員の記事等が本規約に違反または抵触する(そのおそれのある場合を含む。)その他の理由により他の会員または当法人によって削除された場合に、削除対象となった当該記事等に対して投稿したコメントも同時に削除されることを予め承諾したものとみなします。

5. 本条に規定する当法人と会員間および会員と他の会員または利用者との間の権利義務関係については、退会後も引き続き有効に継続するものとします。

第10条 認証情報等の管理

1. 会員は、当法人が会員に貸与する本サービスを利用するのに必要なID、パスワード、その他本サービスを利用するために当法人が付与する記号または番号、およびそれらの組み合わせ(以下「認証情報等」といいます。)を使用、管理する責任を負うものとし、認証情報等を貸与、譲渡、売買等したり、第三者に利用させてはならないものとします。

2. 認証情報等を用いた本サービスの利用、その他一切の行為は、当該利用や行為が会員自身によってなされたか否かは問わず、当該認証情報等を保有する会員による利用や行為とみなします。

3. 認証情報等が第三者によって利用されたことによって当該会員が被る損害については、当該会員の故意過失の有無にかかわらず、当法人は一切責任を負わないものとします。また、第三者による認証情報等の使用により発生した本サービスの利用料金等については、当法人の責に帰すべき事由により行われた場合を除き、全て当該認証情報等の管理責任を負う会員の負担とします。

4. 会員は、認証情報等の失念があった場合、または認証情報等が第三者によって使用されていることが判明した場合、直ちに当法人にその旨を連絡するとともに、当法人から指示がある場合は速やかにこれに従うものとします。

5. 会員は、第6条(解約等)により本サービスの利用契約を解約した場合、または第 16条(会員資格の停止または失効)により、会員の本サービスの利用資格が停止または失効した場合は、直ちに、当該会員に付与された認証情報等を当法人に返還するものとします。

第11条 会員の責任

1. 会員は、会員によるサービスの利用とそのサービスを利用してなされた一切の行為(第10条により、会員による利用または行為とみなされる他者の利用や行為を含みます。以下同様とします。)とその結果について一切の責任を負います。

2. 会員は、サービスの利用に伴い、他の利用者または第三者(国内外を問いません。また、会員に限りません。以下同様とします)から問合せ、クレーム等が通知された場合は、自己の責任と費用をもって処理解決するものとします。

3. 会員は、他の利用者または第三者の行為に対する要望、疑問もしくはクレームがある場合は、当該他の利用者または第三者に対し、直接その旨を通知するものとし、その結果については、自己の責任と費用をもって処理解決するものとします。

4. 会員は、サービスの利用により、他の利用者、第三者または当法人に対して損害を与えた場合(会員が、この利用規約上の義務を履行しないことにより他の利用者、第三者または当法人が損害を被った場合を含みます。)、自己の責任と費用をもって損害を賠償するものとします。

第12条 禁止事項

会員は、本サービスを利用するにあたって以下の行為を行ってはならないものとします。

(1)虚偽の情報により会員登録を行う行為

(2)他の利用者、第三者もしくは当法人が保有する、知的財産権その他の財産権、および、その他の権利を侵害する行為、または、侵害するおそれのある行為

(3)他の利用者、第三者もしくは当法人のプライバシーもしくは肖像権を侵害する行為、または、侵害するおそれのある行為

(4)他の利用者、第三者もしくは当法人に不利益もしくは損害を与える行為、または、そのおそれのある行為

(5)他の利用者もしくは第三者になりすましてサービスを利用する行為

(6)他の利用者もしくは第三者を差別もしくは誹謗中傷し、または他者の名誉もしくは信用を毀損する行為

(7)他の利用者もしくは第三者の個人情報の譲渡または譲受にあたる行為、または、そのおそれのある行為

(8)公序良俗に反する行為、または、そのおそれのある行為、あるいは、それを助長し、または助長するおそれのある行為

(9)無限連鎖講(ネズミ講)またはこれに類するものを開設しまたは勧誘する行為およびアフィリエイトや情報商材の内容を含む情報の掲載・宣伝・紹介・勧誘またはメッセージを送信する行為

(10)公序良俗に反する情報を他の利用者もしくは第三者に提供する行為

(11)未成年者にとって有害と認められる情報を掲載する行為、または、それらを助長する行為。または、前記のおそれがある行為

(12)猥褻な表現を含む情報、その他公衆の射幸心を仰ぎ、または公衆に羞恥心を抱かせるおそれのある情報を掲載し、または他の利用者もしくは第三者に提供する行為

(13)法令に違反する行為や犯罪的行為、もしくはそのおそれのある行為、あるいは、それを幇助する行為

(14)宣伝・告知・勧誘等を目的とする投稿、メッセージ機能等を利用した同一趣旨の内容を複数発信や掲載(マルチポスト、スパムメール、チェーンメール等を含む)する行為

(15)会員が、誇大広告や誤解をまねく表現等により利用者に迷惑や被害を及ぼす行為

(16)事実に反する、またはそのおそれのある情報を提供する行為

(17)インターネット上で、他の利用者、第三者もしくは当法人が入力した情報を不正に改竄する行為

(18)他の利用者、第三者もしくは当法人に成りすます行為

(19)有害なコンピュータウイルス、コード、ファイル、プログラム等を開示する行為、もしくは開示されている場所について示唆する行為

(20)本サービスおよびその他当法人が提供する各種サービスの運営を妨げる行為、または、そのおそれのある行為

(21)本サービスおよびその他当法人が提供する各種サービスの信用・名誉等を傷つける行為、またはそのおそれのある行為

(22)会員が本サービスを利用して、本サービスに定めるサービスと同様のサービスを、有償無償を問わず第三者に提供もしくは再販売、あるいは転売する行為

(23)その他、当法人が不適切と判断する行為

第13条 サービスの中断

1. 当法人は、以下のいずれかの場合、会員に事前の通知をすることなく、本サービスの提供を中断できるものとします。

(1) 本サービスの提供に関連する設備等の保守を定期的に、または緊急に行う場合

(2) 停電、天災、地変、その他異常事態が発生し、または発生するおそれがある場合

(3) 前号に述べる異常事態により、本サービスの提供ができなくなった場合

(4) 戦争、動乱、暴動、騒乱、労働争議等により本サービスの提供ができなくなった場合

(5) その他、運用上または技術上、当法人が本サービスの一時的な中断が必要と判断した場合

(6) 法令に基づき本サービスの提供ができない場合

2. 前項各号に基づき本サービスの中断がなされた場合、当法人は、これに起因して生じた会員または第三者の損害につき一切の責任を負わないものとします。

第14条 免責

1.当法人は、会員によって投稿される「わたく史」、「ノート」、「作品」、「あれこれ同好会」、「メッセージ」、「コメント」及び「ひとこと」(以下「コンテンツ画面」といいます。)の情報の合法性、道徳性、信頼性、正確性について責任を負わないものとします。会員によって投稿されるコンテンツ画面の情報が、当該会員が所属する法人・団体等の内部規則等に適合することについても、責任を負わないものとします。

2.当法人は、会員の通信や活動に関与しません。万一会員の間、あるいは会員と非会員である第三者の間で紛争があった場合でも、当該当事者間で解決するものとし、当法人は一切その責任を負わないものとします。

3.当法人は、本サービスの内容の追加、変更、又は本サービスの遅延、中断、終了によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負わないものとします。

4.当法人は、会員によって投稿されるコンテンツ画面の情報を監視したり、保存する義務を負わないものとします。

5.当法人は、次に掲げる場合には、当該コンテンツ画面の情報の内容を閲覧したり、保存したり、第三者に開示すること(以下、本項において「閲覧等」といいます。)ができるものとします。当法人は、それによって生じたいかなる損害についても、一切責任を負わないものとします。

(1)本サービスの技術的不具合の原因を解明し、解消するため必要な場合

(2)裁判所や警察などの公的機関から、法令に基づく正式な照会を受けた場合

(3)本利用規約に違反する行為又はそのおそれのある行為が行われ、コンテンツ画面の情報の内容を確認する必要が生じたと当法人が判断した場合

(4)人の生命、身体及び財産などに差し迫った危険があり、緊急の必要性があると当法人が判断した場合

(5)第22条(通信の秘密)第2項または第3項に掲げる事項に該当する場合

(6)その他本サイトを適切に運営するために必要が生じた場合

6.当法人は、本利用規約又はその他の利用規約等に違反する行為又はそのおそれのある行為が行われたと信じるに足りる相当な理由があると判断した場合には、当該行為を行った会員の強制退会処分、ブログ等の情報の全部もしくは一部の削除、及び公開範囲の変更等を行う場合がありますが、それによって生じたいかなる損害についても、一切責任を負わないものとします。

第15条 利用規約違反等への当法人の措置等

1.当法人は、会員が本サービスを利用することによりまたは利用を通じて、発信または提供した本件情報または当該本件情報の発信・提供が以下のいずれかに該当すると判断した場合、当該会員に通知し、当該本件情報の全部もしくは一部の削除または是正を要求することができるものとします。

(1) 利用規約または適用となる法令に違反するおそれがある場合

(2) 第 12 条(禁止事項)各号に定める禁止行為を行うおそれがある場合

(3) その情報量が、当該会員に割り当てられた当法人が管理する設備またはシステムの所定の記憶容量を超過しまたは超過するおそれがある場合

(4) その他当法人が不適切と判断した場合

2.当法人は、当該会員が前項の要求に応じない場合には、当該会員の承諾なく当該本件情報を削除できるものとします。ただし、当法人は、当該会員が本サービスの利用を通じて発信または提供した本件情報を削除する義務を負うものではありません。なお、是正されたか否かの判断権限は、当法人に留保されることとします。

3.当法人は、会員が本サービスを利用してまたは利用を通じて、発信または提供した本件情報が、第三者の有する著作権の侵害または侵害するおそれのある場合は、当該会員に当該著作権利用の許諾を得ている旨の情報の提出を求める旨通知することができ、通知後7日以内に提出がない場合は当該著作権の侵害ないし侵害のおそれがあるものとみなし本件情報を削除することができるものとします。

4.当法人は、緊急やむを得ないと判断した場合には、当該会員へ事前の通知を行わず、当該会員の承諾なく当該本件情報の全部または一部を削除することができるものとします。

5.前二項の規定は、第11条(会員の責任)に定める会員の責任を免責させるものではありません。

6.当法人は、会員が本サービスを利用してまたは利用を通じて、発信または提供した本件情報を本条第1項、第2項、第3項、または第7項の規定に基づき削除したこともしくは削除させたこと、または当該本件情報を削除しなかったこともしくは削除させなかったことにより、当該会員もしくは第三者に発生した損害については一切責任を負わないものとします。

7.会員が、本サービスを利用することによりまたは利用を通じて、発信または提供した本件情報の管理責任は会員自身が負うものとします。会員が発信または提供した本件情報が、破損、紛失、消滅したことにつき当法人は一切責任を負わないものとします。

8.会員が第6 条(解約)により本サービスの利用契約を解約した場合、または第 16 条(本サービスの利用資格の停止または失効)により、会員の本サービスの利用資格が停止または失効した場合は、当法人は、当該会員が本サービスを利用して保存している当該会員が発信または提供した本件情報を削除することができるものとし、当法人は当該本件情報を保管・保存する義務を負わないものとします。

第16条 会員資格の停止または失効

当法人は、会員が以下のいずれかに該当する場合には、当該会員に何らの通告をすることなく、当該会員の本サービスの全部または一部を利用できる資格(以下「本サービスの利用資格」といいます。)を停止し、あるいは失効(「本サービスの利用資格の失効」とは、当法人が本サービスにかかる当法人と会員との間の契約を何らの通知催告を行うことなく一方的に解除することを意味するものとし、以下同様とします。)できるものとします。

(1) 本サービスの利用の申込に際して虚偽の事項を申告したことが判明した場合

(2) 会員が第 12 条(禁止事項)各号に定める禁止行為を行った場合または行うおそれのある場合

(3) 本サービスの提供に支障があると、当法人が判断した場合

(4) 有料サービスの利用料等その他の債務の履行を遅滞し、または支払を拒否した場合

(5) 会員が死亡または解散した場合、あるいは権利能力を失った場合

(6) 会員が、利用規約に違反した場合、または違反するおそれがある場合

(7) 会員が、本サービスを最後に利用した日から起算して2年間を経過してなお利用しない場合(認証情報等による本サービスへのログインを利用有無の基準とします。)

(8) その他当法人が会員として不適切と判断した場合

第17条 利用料金等

1.会員登録および基本サービスは無料とします。

2.有償のサービスを利用する場合は、各サービス毎に別途当法人が定める方法で利用料金を支払い、および当法人が定める債務を履行するものとします(以下、利用料金および当法人が定める債務を総称して「利用料金等」といいます。)。

3.当法人は理由の如何にかかわらず、会員からすでに支払われた利用料金を一切返還しません。

4.当法人は、第 2 条(利用規約の変更)に定める方法により、利用料金等およびその支払(履行)方法を変更することができるものとします。

第18条 支払方法

会員は、利用料金等を当法人が別途指定した方法により支払う(履行する)ものとします。

第19条 遅延利息

1.会員が利用料金等を、支払期日を過ぎてもなお支払わない(履行しない)場合、会員は、支払期日の翌日から支払日の前日までの日数に、年 14.5%の割合で計算される金額を遅延利息として支払わなければならないものとし、利用料金等および当該遅延利息を一括して、当法人が指定した日までに当法人が指定する方法で支払うものとします。

2.前項の支払い(履行)に必要な振込み手数料その他の費用は、全て当該会員の負担とします。

第20条 個人情報

1. 当法人は、別途定める個人情報保護方針に基づき、会員の個人情報を適切に取り扱うものとします。

2.当法人は、会員の個人情報を以下の目的で利用することができ、会員はこれを予め承諾するものとします。

(1)本人確認、認証サービスのため

(2)アフターサービス、問い合わせ、苦情対応のため

(3)マーケティングデータの調査、統計、分析のため

(4)懸賞、キャンペーンの実施のため

(5)アンケートの実施のため

(6)アフィリエイト、ポイントサービスの提供のため

(7)新サービス、新機能の開発のため

(8)システムの維持、不具合対応のため

(9)会員記述情報の掲載のため

(10)料金請求、課金計算のため

(11)コンテンツその他の情報提供サービス、システム利用サービス、オークション、ショッピングモールの提供のため

(12)当法人及び第三者の商品等(旅行、保険その他の金融商品を含む。以下同じ。)の販売、販売の勧誘、発送、サービス提供のため

(13)当法人及び第三者の商品等の広告又は宣伝(ダイレクトメールの送付、電子メールの送信を含む。)のため

(14)決済サービス、物流サービスの提供のため

3.当法人は、以下に定める場合には、会員の個人情報を第三者に提供することができるものとします。

(1)会員の同意がある場合

(2)裁判所、検察庁、警察、税務署、弁護士会又はこれらに準じた権限を有する機関から開示を求められた場合

(3)会員が当法人に対し支払うべき料金その他の金員の決済を行うために、金融機関、クレジットカード会社、回収代行業者その他の決済又はその代行を行う事業者に開示する場合

(4)当法人が行う業務の全部又は一部を第三者に委託する場合

(5)当法人に対して秘密保持義務を負う者に対して開示する場合

(6)当法人の権利行使に必要な場合

(7)合併、事業譲渡その他の事由による事業の承継の際に、事業を承継する者に対して開示する場合

(8)個人情報保護法その他の法令により認められた場合

4.第三者による個人情報の取得に関し、以下に定める場合には、当法人は一切の責任を負わないものとします。

(1)会員本人が当法人サービスの機能または別の手段により第三者に個人情報を明らかにした場合

(2)会員本人以外が個人情報を識別できるID、パスワード等の情報を入手した場合

(3)本サービスからリンクされる第三者のサイトにおいて会員本人より個人情報を提供され、また利用された場合

(4)第三者のサイトに本サイトのリンクを設定した場合、当該第三者のサイトにおいて会員が個人情報を提供した場合

(5)本サービスに入力した情報により、期せずして本人が特定できてしまった場合

5. 当法人は、会員に対し、第三者の広告又は宣伝等のために電子メールその他の広告宣伝物を送信できるものとし、会員はこれを予め承諾するものとします。

6.会員は個人情報保護法に違反する行為を行ってはならないものとします。

第21条 規約の変更

当法人は、本サービスを取り巻く環境の変化、本サービスの内容の変更ならびに法令等の制定および改廃などの理由により、利用者への了解を得ることなく本規約を変更できるものとします。この場合、変更後の規約は本サービスのウェブサイト上に掲示した時点より効力を発するものとします。

第22条 通信の秘密

1. 当法人は、電気通信事業法第4条に基づき、会員の通信の秘密を守るものとします。

2. 刑事訴訟法第218条(令状による捜索)その他同法もしくは通信傍受法の定めに基づく強制の処分その他裁判所の命令もしくは法令に基づく強制的な処分が行われた場合には、当法人は、当該処分、命令の定める範囲で前項の守秘義務を負わないものとします。

3. 特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律第4条(発信者情報の開示請求等)に基づく開示請求の要件が充足された場合には、当法人は、当該開示請求の範囲で第1項の守秘義務を負わないものとします。

4. 会員による有料サービスの利用に係わる債権・債務の特定、支払いおよび回収に必要と認めた場合には、当法人は、必要な範囲でクレジットカード会社等の金融機関または取引先等に開示することができ、その限りにおいて第1項の守秘義務を負わないものとします。

5. 当法人は、会員の個人情報の属性とサービス利用記録について集計、分析を行い、個人が識別・特定できないように加工したもの(以下「統計資料」といいます。)を作成し、新規サービスの開発等の業務の遂行のために利用、処理することがあります。また、当法人は、統計資料を業務提携先等に提供することがあります。

第23条 専属的合意管轄裁判所

利用者および会員と当法人の間で訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第24条 準拠法

本利用規約に関する準拠法は日本法とします。