作品

一念発起 65歳の挑戦

一念発起 65歳の挑戦

作者:
関雅行さん[1199]
カテゴリー:
小説・エッセイ・ノンフィクション
マークしている人:
4人

公開範囲

ゲスト
友だち

閲覧権限

マークなしで閲覧可能

作成日

2013-09-14 10:30:29



13 杖をついたお年寄り

作成者

関雅行さん 関雅行さん[1199] 2013-12-15 13:26:45

ひとこと数:2  

ページ:[1] 全部見る

ffjmb260さん[1984] | 2013-12-28 10:30:27

技能試験の合格は告げられるまで大抵は確信など持てないため、あっけない幕引き、あれだけ合格目指して奮起していたのに、もう二度とあの車種には乗れず、この試験は終わってしまった寂しさ、まだ合格の実感がもてない違和感と後から来るしみじみとした喜び(受かった瞬間、喜びを体で思いっ切り表現している人もよく見かけますが・・・)、それらの複雑な何とも表現できない気持ちは、公認教習所の卒業検定合格では決して味わえない、感慨深いものがあります。
私の技能試験は全24回(合格6回、不合格18回)受けての感想です。公認校で取れるのは当たり前なので、時間が何とか取れる人は、ぜひ試験場の技能試験で取って欲しいですね。安全運転に対する心構えが変わりますから・・・。

関雅行さん[1199] | 2013-12-29 11:21:21

ffjmb260さん
 最難関の大型二種、大型自動二輪、けん引すべてお持ちなんですね。
すごい!
 一発試験の難しさ、合格した時の達成感と同時に起こる一抹の淋しさは、経験者でなくてはわかりません。
共有できる人がいてよかった。

ひとことを発言するには、作品をマークしてください。