作品

おんなの四季 (短編四部作) 他

おんなの四季 (短編四部作) 他

電子書籍ビューア」対応作品

作者:
愚 聴風さん[1298]
カテゴリー:
小説・エッセイ・ノンフィクション
マークしている人:
6人

公開範囲

ゲスト
会員
友だち

閲覧権限

マークなしで閲覧可能

作成日

2011-10-18 10:50:38



おんなの四季 (短編四部作) 他

                 書    評

 硬質な文体に秘められたおんなの哀切が四季に鏤められ、その中で精神の深淵とも言える渕に触れ得た。
 また中世文学を憧憬する著者の自己実現とうまくダブらせている。こういう人には、所謂女心のアナリーゼとともにもっともっと書いてもらいたいものだ。例えば「おんなの二十代」~「おんなの七十代、八十代」・・・というのはどうだろう。高齢化社会を迎えて「美しく老いる」指標にもなるだろう。

最新の書き込み

蘭萌える(0)

2011-11-11 20:49:50

葛生の冬(0)

2011-11-11 17:54:07

夏つばき(0)

2011-11-11 21:34:33

紅葉して(0)

2011-10-18 11:55:22