トップ > なつかし語辞典
なつかし語辞典

金平糖

解説

色とりどりの花が咲いたような美しい砂糖菓子。駄菓子屋ではガラスのフタが付いた四角いケースに入れて量り売りされていた。子どもの遊び歌にも登場する。「いろはに金平糖 金平糖は甘い 甘いは砂糖 砂糖は白い 白いはうさぎ うさぎは跳ねる 跳ねるはカエル カエルは青い 青いは柳 柳はゆれる ゆれるは幽霊 幽霊は消える 消えるは電気 電気は光る 光るはおやじのハゲ頭」