トップ > なつかし語辞典
なつかし語辞典

霜焼け

解説

寒さだけでなく栄養状態の悪さもあり、多くの子が手や足、ひどい子は耳までしもやけで真っ赤に腫れあがっていた。さらに膿や血が出て何も手に付かなくなってしまう子も。薬は紫雲膏、オロナイン、メンソレータムなどがある。