トップ > なつかし語辞典
なつかし語辞典

即席ラーメン

解説

1956年発売の「チキンラーメン」が、実質上インスタントラーメンのさきがけ。袋をあけて取り出した乾燥麺をどんぶりなどの食器に入れ、熱湯をかけて蓋をする。おおよそ3分間(発売当初は2分間とされた)待てば食べられる。当時ラーメン一杯40円、盛りそば一杯35円、うどん玉5円、国鉄初乗り料金15円という物価の中、チキンラーメンは35円で販売された