トップ > 百科年表
百科年表

日航ジャンボ機が御巣鷹山に墜落

1985年08月12日

日航ジャンボ機123便が午後6時24分(離陸から12分後)、相模湾上空を巡航高度の24,000ft(7200m)に向けて上昇中、23,900ft(7170m)を通過したところで異常事態が発生。突然の衝撃音とともに123便の垂直尾翼は垂直安定板の下半分のみを残して破壊され、その際ハイドロ・プレッシャー(油圧操縦)システムの4系統すべてに損傷が及んだ。それにより、油圧を使用したエレベータ(昇降舵)やエルロン(補助翼)の操舵ができなくなった。フゴイドやダッチ・ロールを起こした機体は迷走しながら、上昇、降下を繰り返すものの、クルーの操縦によって17分間は20,000ft(6000m)以上で飛行を続けた。午後6時40分ごろには、空気抵抗を利用する降下手段としてランディング・ギア(降着装置)を降ろした後、富士山東麓を北上し、山梨県大月市上空で急な右旋回をしながら、高度22,000ftから6000ftへと一気に15,400ft(4600m)も降下。その後、機体は羽田方面に向かうものの埼玉上空で左へ旋回、群馬県南西部の山岳地帯へと向かい出し、御巣鷹山に激突した。結果的に、1機の事故としては史上最悪の犠牲者を出す。歌手の坂本九、元宝塚娘役で女優の北原遥子、阪神タイガースの中埜肇球団社長、ハウス食品の浦上郁夫社長、大相撲の伊勢ヶ浜親方(元大関清國)の妻子など、著名人の多くが巻き込まれた。航空・鉄道事故調査委員会の前身、当時の航空事故調査委員会が結論づけた事故原因の要点は以下の通り。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                             1)1978年6月2日に、伊丹空港で同機がしりもち事故を起こした。                                                                                     2)その後のボーイング社による修理が不適切であったため、圧力隔壁に金属疲労が蓄積した。                                                                                       3)そのために、飛行中に圧力隔壁が破壊され、航空機後部の4系統ある油圧操縦システムのすべてが失われて操縦不能に陥った。                        しかし、「航空事故調査委員会による結論」は矛盾点も多いとして、他の原因を主張する専門家やジャーナリストも多い。いずれにしろ、コックピット・ボイスレコーダー(CVR)とフライトデータ・レコーダー(FDR)の完全公開による真相究明が待たれる。

日本航空123便墜落事故(にほんこうくう123びんついらくじこ)は、1985年8月12日18時56分に、日本航空123便、東京(羽田)発大阪(伊丹)行、ボーイング747SR-46(ジャンボジェット、機体記号JA8119)が、群馬県多野郡上野村の高天原山の尾根(御巣鷹の尾根)[※ 1]に墜落した事故である。

http://ja.wikipedia.org/wiki/日本航空123便墜落事故

引用