トップ > 生活実用事典
生活実用辞典

ガンビア: ジェームズ島と関連遺跡群 

解説

「クンタ・キンテ島と関連遺跡群」は、ガンビアにあるユネスコの世界遺産登録物件のひとつである。構成資産の中心的位置を占めるクンタ・キンテ島は、セネガルの世界遺産であるゴレ島とともに西アフリカにおける奴隷貿易の中心地となってきた歴史を持ち[1]、日本では負の世界遺産のひとつと位置づけられることがある[2][3][4]。ただし、この物件はそれだけにとどまらず、後述するようにヨーロッパと西アフリカの交流の諸段階の様子を伝えていることも、登録理由の一つとなった。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ジェームズ島と関連遺跡群