トップ > 生活実用事典
生活実用辞典

ケニア: ラム旧市街 

解説

ラムはケニアのラム島最大の都市。ラム地区 (Lamu district) の行政庁所在地でもある。 町が出来たのは14世紀のことで、スワヒリ系の建造物群がいまなお良好に現存している。この東アフリカで現存する最古のスワヒリ建造物群が評価され、旧市街がユネスコの世界遺産に登録されている。古い町並みの通りは狭く、自動車は通れないが、徒歩や自転車で見て回れば十分である。なお、観光には地元で好まれるロバも使われる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ラム (ケニア)