トップ > 生活実用事典
生活実用辞典

チュニジア: イシュケル国立公園

解説

イシュケル湖(アラビア語: بحيرة اشكل、fr:Lac Ichkeul、en:Ichkeul lake)は、チュニジア北部の地中海の海岸の近くの湖である。 イシュケル国立公園の湖と湿地は、毎年何十万もの渡り鳥が訪れる重要な中継地である。 この湖には、あひる、ガチョウ、コウノトリ、フラミンゴなどが訪れる。 公園は1980年以来、ユネスコの世界遺産リストに載っている。 さらに、1996年から2006年まで、公園は、危機遺産リストにも載っていた。 湖の水源である川へのダムの構築は、湖と湿地の生態的均衡に大変化をもたらした。

http://ja.wikipedia.org/wiki/イシュケル国立公園