トップ > 生活実用事典
生活実用辞典

南アフリカ: ウクハランバ/ドラケンスベアク自然公園

解説

ドラケンスバーグ山脈(ドラケンスバーグさんみゃく、英語: Drakensberg アフリカーンス語: Drakensberge(ドラケンスベルヘ))は、南アフリカ共和国で最も高い山脈で、最高峰はタバナ・ヌトレニャナ[1](標高3482m)である。「ドラケンスバーグ」はアフリカーンス語で「竜の山々」を意味する「ドラケンスベルヘ」の英語読みで、ズールー語ではウクハランバ(「槍の障壁」)と呼ばれる。クワズール・ナタール州とフリーステイト州を分ける山であるとともに、その北西の屈曲部は南アフリカとレソトの国境線を形成しており、レソト領内に位置するものはマルティ山脈と呼ばれる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ドラケンスバーグ山脈