トップ > 生活実用事典
生活実用辞典

モッズファッション

解説

60年代半ば、音楽の世界ではグループサウンズに注目が集まる。ブームが起こったのはビートルズが来日した1966年。音楽面での衝撃とともに、彼らが着ていたモッズファッションは日本のメンズファッションにも大きな影響を与えた。ロンドンの下町から発信され、モダーンズを略してモッズと呼ばれたファッションは、長髪に船員帽、水玉や花柄など派手な柄でウエストを細くしたシャツ、股上の浅いスリムパンツ、幅広ネクタイ、そしてブーツなど。このスタイルは、日本でGS(グループサウンズ)ファッションとして開花する。モッズファッションをアレンジしたミリタリー調のザ・スパイダーズ、フェミニン調なタイガースなどが代表的なバンドだが、その奇抜さゆえに一般には広まらなかった。

モッズ (Mod, Mods, Modernism or sometimes Modism) は、イギリスの若い労働者がロンドン近辺で1950年代後半から1960年代中頃にかけて流行した音楽やファッションをベースとしたライフスタイル、およびその支持者を指す。モッズファッションとしてよく連想されるものとして、髪を下ろしたMod Cut、細身の三つボタンのスーツ、ミリタリーパーカー、多数のミラーで装飾されたスクーターなどがある。

http://ja.wikipedia.org/wiki/モッズ